「ありがとう」という言葉にやりがいを感じます

「ありがとう」という言葉にやりがいを感じます

身体障害者福祉施設で働いていた経験があります。介護職は3Kと言われていますが、福祉系を目指してきた人にとってはそんなのわかり切ったことで、慣れてしまえばなんとも思いません。福祉業界は低賃金ですが、それでもなぜ働くのかと言われれば、やはりやりがいを感じるからです。
私が勤めていた施設では、車椅子ユーザーが多く、身体介助は当たり前でした。はっきり言って、重い!ですが、それをも笑いに変えるようなコミュニケーションがとれるほど信頼関係を築くことができました。
また、知的にも障害があってコミュニケーションをとることさえ難しい方もいました。こういう方たちは何をしたいのか、どうやったら興味をもってもらえるのかを考えながらレクリエーション内容を考えるのですが、ちょっとしたことで笑ってくれるだけでも、こちらとしてはものすごく嬉しかったです。
決して見返りを求めているわけではありませんが、やはり、利用者の方やご家族の方に「ありがとう」という言葉をかけてもらえるとやりがいを感じました。ちょっとした反応でも、反応があったということに喜びを感じました。
介護職は決して難しい仕事ではありません。できる人がサポートしている、ただそれだけです。それでも「ありがとう」と感謝される介護職にやりがいを感じました。

ホーム RSS購読 サイトマップ